【読了!!】「会社四季報」2019年3集夏号のポイントまとめ[人員不足への対応が多くの企業に求められています] 

会社四季報、投資本

スポンサーリンク

対象

書籍:「会社四季報」2019年3集夏号(ワイド版)

出版社: 東洋経済

発売日:2019/6/18 

前書き

何でこの時期に?

先日、渡部清二氏の「会社四季報」最強のウラ読み術を読み、

次の会社四季報の秋号発売の2019年9月19日を待ちきれず、夏号を買って読み始めました。

その際の記事はこちら。

1000ページ(約半分)を超えたところで、途中までの振り返りとして、前半のまとめをメモとして残しています。後半読み進めるのに、一息ついて頭の中を整理できたのは良かったです。

後半だけまとめても仕方がないので、上書きする形で前後半のポイントをまとめました。

個別の企業のデータを集合としてみることで、全体としての傾向や業種別の動向をつかみとります。

会社四季報2019年第3集夏号 ポイントまとめ

全体としての傾向

  • 人員不足に苦慮している
  • 資材・運賃・人件費が高騰している
  • 五輪関連は(運営回りなどを除き)概ねピークアウト
  • 国内自動車向けは概ね好調
  • スマホ向けは全般的に低調
  • 半導体向けは概ね低調
  • リチウムイオン電池関連向けは全般的に好調
  • (キャッシュが潤沢?)M&Aに積極的

人員不足に関するキーワード

  • 採用・教育の強化
  • 働き方改革
  • 受注調整
  • 施工管理強化
  • セルフレジ
  • 需要の平準化
  • 営業時間の短縮
  • 自動化、機械化
  • BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)
  • 外国人受入
  • 技術者派遣
  • 物流設備投資
  • 定年延長
  • RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)

業種別の動向

建設

  • 人員不足などによる落ち込みから、施工管理強化などにより回復基調
  • 電線回りは好調だが、基礎土木は低調

サービス

  • 直近の落ち込みから回復傾向の会社が多い
  • 人材派遣・技術者派遣の引き合い強い
  • ネット広告関連は好調

不動産

  • 案件の確保(土地の仕入れなど)に苦慮
  • オフィスビルの賃料上げ傾向
  • 全般的に居住用・投資用とも好業績

紙・化学

  • 「脱プラ」がキーワード

医薬

  • 10月の薬価改定への備えの状況に差
  • 研究開発費がかさみ業績不振のケースが散見

電気機器

  • 車載向けは好調
  • スマホ向けは低調

輸送用機器

  • 造船は舩価厳しい
  • 自動車は国内堅調

小売

  • ECが拡大・好調
  • 白物家電が絶好調
  • 百貨店は停滞
  • ホームセンターはドラックストア網の進展により競争厳しい

陸運

  • 鉄道は10連休効果を享受

海運

  • SOx規制による燃料高の運賃上乗せ進む

倉庫・運輸

  • 物流は賃上げ浸透で好調
  • 倉庫の需要が多く、増床投資が活況
  • 3PL(物流一括受託業務)の引き合い多い

電力・ガス

  • 原料安が追い風
  • 自由化により取って取られての消耗戦

銀行

  • 金利低下による逆風
  • 国債償還等による有証利益減、運用難

その他(サービス、繊維、小売などの一部)

  • 不動産収益が本業の不振の支えになっているケースが少なくない
  • 多角化は太陽光発電事業が人気

後書き

進んだ日、ほとんど進まなかった日、ありましたが、少しづつ読み進めて17日かかりました。

秋号発売の9/19までに読み終えるのが目標でしたので、十二分に達成できました。

秋号も読破して、夏号からのチェンジを掴み取りたいと思います。

しかし、会社四季報は宝の山ですね。

今すぐにでも買いたい会社が、20~30はあったと思います。逆に、何でポートフォリオに入れてしまっているのだろうという会社も数社あり、これは反省点でした。

積極的にポートフォリオの入れ替えに活かしたいと思います。

また、お断りですが、

「人は見たいものしか見ない」生き物ですので、業種について偏りや抜け、また情報の曲解も間違いなくあると思います。

また、今に始まったものではない、既に常識となっている話もあるかと思います。

その点については、ご了承いただくとともに優しくご指摘いただければ幸いです。

9/19の秋号の発売まで、あと5日です。楽しみですね。

会社四季報、投資本
スポンサーリンク
シェアする
あんどらをフォローする
スポンサーリンク
零細株主生活
タイトルとURLをコピーしました