【業種別の動向】「会社四季報」2019年4集秋号の業種別ポイントまとめ[消費者に近い業種ほど良くない傾向ですが、企業自身にはお金があり投資意欲は旺盛です] 

会社四季報、投資本
スポンサーリンク

対象

書籍:「会社四季報」2019年4集秋号(ワイド版)

出版社: 東洋経済

発売日:2019/9/19 

業種別に掘り下げてみていきます

会社四季報2019年4集秋号の内容を業種別に掘り下げてみていきます。

秋号の読了後にまとめた、夏号からの全体の傾向の変化を一言でいえば「自動車の不振が全体の足を引っ張っている」でした。

その際の内容はこちら。

今回は、頭から全ページ目を通した際に、目についたところ、引っ掛かったところを業種別にまとめています。 (会社四季報の業種別のくくりに対して、網羅的になっていない点はご了承ください。)

業種別の動向のまとめ

水産

  • 原材料高騰の傾向が続く

建設

  • 施工管理強化などにより人件費増を吸収
  • 選別受注により収益の悪化を防ぐ
  • 太陽光発電周りが底堅い
  • 高速道路について、PC床版交換など補修の需要が多い

鉱業

  • 市況悪化により石炭の単価下落

食料品

  • 菓子、冷菓等、全般的にさえない
  • ペットボトルの自販機販売不振

サービス

  • 警備の需要が多い、企業の外注化が追い風
  • 人材派遣サービス好調
  • 製造派遣は好調、自動車向け〇、半導体向け✕、の傾向続く
  • コールセンターの需要が活発

情報・通信

  • ITインフラサービス好伸
  • システム開発の好調が続き、SEが不足
  • システム開発は、製造業向け、金融向け、通信向け、の案件が多い
  • 放送はスポット広告が市況低迷で大幅減
  • スマホゲームの減退は想定超
  • 営業支援ソフトや働き方改革がらみが好調

不動産

  • 既存ビルは高稼働で、賃料ジリ高傾向
  • 投資用の融資環境は厳しいが需要は堅調

化学

  • 自動車市場の低迷による数量減が散見

鉄鋼

  • 海外の需要が減退し市況が軟調
  • 電炉は鉄スクラップ価格下落で利ザヤ拡大

金属製品

  • 自動車向け不振、特に日産向け減産影響大きい
  • 建設、住宅関連向け好調

非鉄金属

  • 全体的に壊滅状態
  • 市況の悪化による採算低下と在庫評価損
  • 特に電子部品材料向けの減退が鮮明

総合商社

  • 鉄鉱石の利幅拡大など全般的に業績好調

小売

  • 長梅雨による消費意欲の減退
  • ドラックストアは競争激しく、食品伸長でカバー
  • ホームセンターはペット関連以外は苦境
  • 衣料全般で低調,冬物向けやスーツが低迷
  • 狭小立地の出店形態探る動き

陸運

  • 運賃上げ浸透
  • 3PL(物流一括受託業務)が顧客深耕で好調

輸送用機器

  • 自動車の販売台数減速、特に北米、欧州、インド

銀行

  • 利ザヤの縮小を貸出増で補う動き
  • 債券売却益でカバー

証券

  • 市況軟調で株式委託手数料さえない

その他(全般的に)

  • M&Aに一層積極的

業種別の動向の一覧

業種別の動向を〇△✕で仕分けをしてみました。あくまで通しで読んでの主観です。

〇(概ね好調)建設、サービス、情報・通信、不動産、総合商社、陸運
△(好不調ミックス)鉄鋼、金属製品
✕(概ね不調)水産、鉱業、食料品、化学、非鉄金属、小売、輸送用機器、銀行、証券

後書き

一覧まとめから、消費者に近い業種ほど良くない傾向が読み取れます。

消費増税や天候不順・災害など原因は様々あると思いますが、消費マインドはかなり低下している模様です。

一方、企業自身にはお金があり投資意欲は旺盛で、積極的な投資がみられます。

全体として自動車の需要が帰ってくれば、かなり雰囲気も良くなるのではと期待しています。

引き続き、会社四季報をフォローしていきたいと思います。

また、お断りですが、

「人は見たいものしか見ない」生き物ですので、業種について偏りや抜け、また情報の曲解も間違いなくあると思います。

その点については、優しい目でご了承いただければ幸いです。

ご参考までに、夏号のポイントまとめはこちらです。

タイトルとURLをコピーしました