会社四季報、投資本

会社四季報、投資本

【SARSの拡大と終息を時系列で読み解く】「イベントトレーディング入門」を参考書籍に

前書き 株式投資において歴史を学ぶということは非常に重要だという認識で、その認識を大事にしたいと考えています。 感染症はおろか医療の専門家でもありませんが、SARSの時にどのように感染が拡大し終息したのか、またそれがどのように...
会社四季報、投資本

【業種別の動向】「会社四季報」2020年1集新春号の業種別ポイントまとめ[秋号との比較で、目について良くなった金属製品、悪くなった鉱業] 

対象 書籍:「会社四季報」2020年1集新春号(ワイド版) 出版社: 東洋経済 発売日:2019/12/13  業種別に掘り下げてみていきます 会社四季報2020年1集号の内容を業種別に掘り下げてみていきます...
会社四季報、投資本

【読了!!】「会社四季報」2020年新春号のポイントまとめ[自動車の不振が全体の足を引っ張っている印象は変わらず、他では建設業、特にビルの空調工事の好調が目につきました] 

対象 書籍:「会社四季報」2020年1集新春号(ワイド版) 出版社: 東洋経済 発売日:2019/12/13  傾向として、秋号の「自動車の不振が全体の足を引っ張っている」から変わっていない 夏号の発売日が2...
会社四季報、投資本

【業種別の動向】「会社四季報」2019年4集秋号の業種別ポイントまとめ[消費者に近い業種ほど良くない傾向ですが、企業自身にはお金があり投資意欲は旺盛です] 

対象 書籍:「会社四季報」2019年4集秋号(ワイド版) 出版社: 東洋経済 発売日:2019/9/19  業種別に掘り下げてみていきます 会社四季報2019年4集秋号の内容を業種別に掘り下げてみていきます。...
会社四季報、投資本

【読了!!】「会社四季報」2019年秋号のポイントまとめ[夏号からの傾向の変化を一言でいえば「自動車の不振・・・」] 

対象 書籍:「会社四季報」2019年4集秋号(ワイド版) 出版社: 東洋経済 発売日:2019/9/19  夏号からの傾向の変化を一言でいえば「自動車の不振が全体の足を引っ張っている」 夏号の発売日が2019...
会社四季報、投資本

【読了!!】「会社四季報」2019年3集夏号のポイントまとめ[人員不足への対応が多くの企業に求められています] 

対象 書籍:「会社四季報」2019年3集夏号(ワイド版) 出版社: 東洋経済 発売日:2019/6/18  前書き 何でこの時期に? 先日、渡部清二氏の「会社四季報」最強のウラ読み術を読み、 ...
会社四季報、投資本

【再読】一倉定の経営心得(一倉定)[経営者の方に読んでもらいたい一冊ですが、投資先選びの参考にも] 

対象 書籍:一倉定の経営心得 著者:一倉定(いちくらさだむ)  出版社: 日本経営合理化協会出版局 初版発行:1999/6/14 一倉定(いちくらさだむ)氏と書籍について 一倉定氏は、経営コンサルタント...
会社四季報、投資本

【再読】投資で一番大切な20の教え(ハワード・マークス)[バリュー投資家にとっての名著] 

対象 書籍:投資で一番大切な20の教え 著者:ハワード・マークス(オークツリーキャピタルマネジメント会長兼共同創業者、出版当時) 出版社: 日本経済新聞出版社 初版発行:2012/10/22 前書き 閑...
会社四季報、投資本

【今更ですが、前半読了】「会社四季報」2019年3集夏号[秋号を待てず夏号を読み始め、前半終えたところでのポイントまとめ] 

対象 書籍:「会社四季報」2019年3集夏号(ワイド版) 出版社: 東洋経済 発売日:2019/6/18  前書き 何でこの時期に? 先日、渡部清二氏の「会社四季報」最強のウラ読み術を読み、当然の流れと...
会社四季報、投資本

【読了】「会社四季報」最強のウラ読み術(渡部 清二)[個別の会社の分析の積み上げからマーケットの大局をつかむ] 

対象 書籍:「会社四季報」最強のウラ読み術 著者:渡部 清二(複眼経済塾 代表取締役塾長) 出版社: フォレスト出版 初版発行:2019/2/9 前書き 閑散期です。 議決権行使の機会はおろか、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました