【保存版】Commodity Festival 2019に参加しました [今日から使えるコモディティ投資における3つのトレードアイデア]

ミーティング
スポンサーリンク

概要

日時:2019年9月28日(土) 12:40~16:30

会場:ソラシティホール(御茶ノ水)

主催:東京商品取引所

参加者:300名程度

主な流れは以下のとおり。

アジェンダ
  • 12:40
    オープニング
  • 12:45
    第1部『景気拡大は終焉したのか?世界経済展望』
    竹中平蔵氏/慶應義塾大学 名誉教授、東洋大学教授

  • 13:40
    出展企業3社のPR

    休憩

  • 14:15
    第2部 『投資家がコモディティに注目すべき3つの理由』
    手塚宏二氏/手塚宏二事務所代表
  • 14:35
    第3部 『明日から使える3つのトレードアイディア』
    小菅努氏/マーケットエッジ代表
    佐々木徹氏/ココスタ代表
    松本英毅氏/よそうかい代表

    休憩

  • 15:40
    第4部 『貿易戦争と産業革命がもたらすコモディティの未来』
    エミン・ユルマズ氏/エコノミスト
    大場紀章氏/エネルギーアナリスト
    [進行] 大橋ひろこ氏/フリーアナウンサー

  • 16:30
    閉会
(オープニング前のステージ)

今日から使えるコモディティ投資における3つのトレードアイデア

第3部の『明日から使える3つのトレードアイディア』は永久保存版と思いますので、

後から再度降り返られるようにするためにも、記録に残します。

明日からではなく、今日から使えると思います。

アイデア①:金市場がみている実質金利を使う

マーケットエッジ代表の小菅勉氏から紹介のアイデアです。

実質金利と金価格は逆相関をとる傾向がある。」

ドル建ての金価格と米10年債利回り(名目金利)からCPI(インフレ率)を引いた実質金利が(中長期で)逆相関をとることを実例をもとにご説明いただきました。

中長期のリターン実績からトレードアイデアとして、

  • 実質金利が大幅のマイナス(<1%)の際に、金価格が上昇(3+%/月次)
  • 実質金利の変化として3か月もしくは6か月前からマイナスの際に、金価格が上昇(1+%/月次)

アイデア②:金ETFに入る資金をトレンドの指標に使う

ココスタ代表の佐々木徹氏から紹介のアイデアです。

「金の売買タイミングはETFへの資金の出入りで見つける。」

ETFへは中長期の資金が入るため、その出入りでトレンドが確認できることをご説明いただきました。

具体的には、世界最大のGoldのETFであるGLDの残高(トン数)を確認し、

  • 日次で10トン以上の出入りのポイントを見る
  • 増えている間は買い方が有利(その逆もしかり)

アイデア③:原油の実物資産としてのアノマリーを使う

よそうかい代表の松本英毅氏から紹介のアイデアです。

「商品の実物資産としての季節性のアノマリーを利用する。」

具体的な原油の例として、

製油所の税金対策として年末に在庫を減らす動きがある(原油価格が高いとよりその傾向が強い)、ことから

  • 決算期末の年末に原油価格が上がりやすい
  • 1月にその反動がある

後記

コモディティフェスティバル、初めて参加しました。

第3部のトレードアイデアしか紹介できませんでしたが、

第1部の竹中平蔵氏の講演から、

第4部のエミン・ユルマズ氏/大場紀章氏/大橋ひろこ氏のトークセッションまで通しで、

非常に聴きごたえのある内容でした。

来年もあるようであれば、是非また参加したいです。

(ソラシティホール入口の案内板)

ミーティング
スポンサーリンク
シェアする
あんどらをフォローする
スポンサーリンク
零細株主生活
タイトルとURLをコピーしました