【競争力比較】スーパーマーケット業界(中・西日本2019年版) [売上高利益率の高い企業ほど年による利益率の変動が小さいので中長期投資向きです]

業績レビュー

(当記事は2019年に作成した分析です。2020年版はこちらをご参照ください。)

スポンサーリンク

スーパーマーケットの競争力

スーパーマーケットの競争力比較の中・西日本版です。

首都圏版、北日本版に続く第3弾になります。

各店舗の商圏の中で、

  • お客さまをどれだけ固定客として囲い込めるか、
  • 適当な頻度の店舗への来店を生活のサイクルに組み込んでもらえるか、

ここを一度確立できれば業績が安定し、その為、中長期の投資に適したセクターであり、売上高営業利益率の水準を見ることで競争力を比べることができると考えています。

それでは見ていきましょう。

比較対象

中部、近畿、中国、九州エリアの一般的なスーパーマーケットを運営している以下の7つの企業を選びました。

2742 ハローズ(広島、岡山、香川、愛媛、徳島、兵庫で店舗展開。)

3171 マックスバリュ九州(九州で店舗展開。以下MV九州。)

8167 リテールパートナーズ(四国、九州で店舗展開。以下リーテルP。)

8190 ヤマナカ(愛知、岐阜、三重で店舗展開。)

8198 マックスバリュ東海(静岡拠点に近県で店舗展開。以下MV東海。2019年9月にマックスバリュ中部と合併。)

9846 天満屋ストア(岡山拠点に近県で店舗展開。以下天満屋。)

9977 アオキスーパー(愛知で店舗展開。以下アオキS。)

他に、イオン九州(2653)も比較の候補に入れていましたが、業務内容の幅が広いため外しています。また、イオン九州は上記で取り上げたMV九州(3171)と経営統合の協議を進めています。

他にも比較可能な企業があれば加えていきます。

売上高営業利益率の推移

グラフは、2月末決算データ(ヤマナカは3月末決算データ)で、売上高営業利益率の推移を見ています。

リーテルPとアオキSの変動が大きくどちらかというと下落傾向、残りの5つの企業は多少の変動はありますが概ね横ばいで推移しています。

利益率の高い企業は高いまま、利益率の低い企業は低いままで余り中長期で変わらないという傾向は、首都圏版、北日本版と同様です。

特に、高い利益率を維持できている企業ほど年による利益率の変動が小さく、安定した経営ができているようです。中長期投資に適している企業と考えます。

逆に、利益率の低い企業のほうが年による上下変動が大きい傾向があります。

今回の、中・西日本版でいえば、ハローズ、

首都圏版でいえば、ヤオコー、

北日本版でいえば、ダイイチ、アークス、

が3%から4%の高位で安定した売上高営業利益率を確保しています。

参考までに、今回の7つの企業の店舗数、売上高含め、その他のデータを添付いたします。 また、首都圏版、北日本版で取り上げた、ヤオコー、ダイイチ、アークスについても再掲します。

店舗数売上高営業利益ROE時価総額予想PER
2742ハローズ831,2734910%41212.3
3171MV九州1591,775248%15714.3
8167リテールP2302,291495%44312.4
8190ヤマナカ6597183%16436.8
8198MV東海1562,278506%34010.3
9846天満屋48738227%13711.0
9977アオキS511,062175%16016.4
店舗数売上高営業利益ROE時価総額予想PER
8279ヤオコー1724,35117913%1,88615.4
7643ダイイチ23403137%799.3
9948アークス3355,1221487%1,25212.8

(時価総額及び予想PERは会社四季報秋号、その他データはマネックス証券マネックススカウターより筆者作成)

2019/02決算データ(ヤマナカ、ヤオコーは3月末決算データ、ダイイチは9月末決算予想値)、金額の単位は億円。

首都圏版、北日本版と同様に、規模の大きさにより期待される効率化は必ずしも高い利益率に直結はしていないようです。

それよりも、規模にあった店舗のネットワークでお客さまを囲い込み、安定した利益を得られているかが投資の観点でのスーパーマーケットの見るべきポイントと考えます。

まとめ

スーパーマーケットという業務形態では利益が中長期的に安定していることを、中・西日本の7つの企業の売上高営業利益率の推移が比較的フラットであることから確認できました。

この傾向は、首都圏版、北日本版のスーパーマーケット比較の時と同じです。

一度お客さまを囲い込めることができれば、安定して店舗とそのネットワークの運営ができるということだと思います。

投資対象としては、安定高位の売上高営業利益率から、

ハローズ、

と考えています。

業績レビュー
スポンサーリンク
シェアする
あんどらをフォローする
スポンサーリンク
零細株主生活
タイトルとURLをコピーしました