【ポートフォリオ】リスクヘッジのためIAU(iシェアーズ ゴールド・トラスト)を組み入れました[きっかけは先日のGold&Platinumカンファレンス2019]

ポートフォリオ

(当記事の数字や判断は2019年9月時点のものです。投資は自己責任でお願いいたします。)

スポンサーリンク

背景

先日、Gold&Platinumカンファレンス2019に参加して、ポートフォリオにスパイスを効かせる程度でもゴールドやプラチナを買いたくなりました。

カンファレンスの様子です。

その後の検討の結果、ゴールドのETFであるIAU(iシェアーズ ゴールド・トラスト)に投資しました。

その理由とは?

ゴールドをポートフォリオに入れた理由

検討の結果、大きく以下の2点の理由でゴールドをポートフォリオに入れることにしました。

  • 景気の先行きの見通し
  • 米ドル資産の保有

それぞれについて見ていきます。

理由1:景気の先行きの見通し

良くありません。

米中貿易摩擦とか、日韓問題とか、北朝鮮問題とか、香港問題とか、ニュースとしてはいろいろあるのだけど、

それよりも数値として、GDPの成長率が低下していること、PMIが減少していることを重要視しています。

本格的にリセッションとなった場合に、リスクヘッジとして一部でも値上がりが期待できるグループの資産を持っておきたいというのが、ゴールドをポートフォリオに入れた理由です。

もちろん、リセッション入りなどせず、景気が回復すれば、

ゴールド価格は今よりおそらく下の価格になって、この部分のパフォーマンスはマイナスでも、それはリスクヘッジのコストであり、

ポートフォリオ全体としては、そのマイナスを打ち消してあまりある結果になるはずです。

どっちに転んでもアクションをとったことに関して、心理面でプラスになることを期待しています。

理由2:米ドル資産の保有

米ドルのMMFを保有しています。

米国株を一部売却(利確と損切)して、投資資金として置いているものです。

理由1とも関係しているのですが、先行き円高/ドル安と見ています。

であれば、円転してしまえばよいのですが、為替の相場観はFXで対応したいと考えています。

そこで閃いたのは(というほどではないですが)、米ドルMMFをドル建てのままゴールドETFに替えるという選択肢です。

米ドルMMFからの分配金が無くなった上にゴールドETFの管理経費が掛かりますが、そこは割り切ります。

ドル安になればそれ以上にゴールドが上がるという目論みです。

ゴールドのETFはIAUにしました

米国株投資のためにマネックス証券とSBI証券の口座を使っています。

今回、動かしたかった米ドルMMFはSBI証券の口座の方でした。

SBI証券でドル建てのゴールドのETFは以下の2択です。

ティッカー名称運用会社純資産総額経費率
GLDSPDR ゴールド シェアSSGA約380億ドル0.40%
IAUiシェアーズ ゴールド・トラストBlakRock約140億ドル0.25%

同じものを扱っているETFを比較する際に、私は(ですが、おそらく一般的にも)運用会社、総資産額、経費率をチェックします。

運用会社はどちらも一流で遜色なし。総資産額はGLDの勝ち、経費率はIAU勝ちです。

総資産額はある程度を超えたら差はないので、経費率でIAUにしました。

まとめ

景気の先行きの見通しが良くないことのリスクヘッジ、また、米ドルMMFからの移管という観点から、ドル建てのゴールドのETFを、

2択の中で、経費率の低い方、ということでIAU(iシェアーズ ゴールド・トラスト)に投資しました。

現時点ではポートフォリオにスパイスを効かせる程度です。

先行きによっては買い増しも選択肢です。

ポートフォリオ
スポンサーリンク
シェアする
あんどらをフォローする
スポンサーリンク
零細株主生活
タイトルとURLをコピーしました