【株主総会出席】3673 ブロードリーフ 第11期:2019年12月期 [社外取締役の説明から取締役会が十分に機能していることが良く伝わってきました]

3673 ブロードリーフ
スポンサーリンク

概要

株式会社ブロードリーフ(ITサービス会社。自動車アフターマーケット事業者向け中心。)

第11期:2019年12月期

定時株主総会:2020年3月24日

インターネット議決権行使:可(みずほ信託銀行)

議決権行使の方法:総会出席

議決権行使

議決権行使の内容は以下の通り。

会場

SHINAGAWA GOOS 1階 

TKPガーデンシティ品川 グリーンウインド (品川駅徒歩1分)

最大600名収容できる箱で、出席者は40名程度とがらがらでした。女性は1名と少なかったです。

当社製の空気清浄機がフル稼働していました。

(SHINAGAWA GOOS 1階のロビー)

株主総会

事業報告

報告の形式

スライド投影とナレーションでまず事業報告がありました。

報告内容

売上、利益とも上昇していること、それから対処すべき課題について、割とあっさりとした説明でした。

事業内容説明

通常であれば、ここから議案の決議、Q&Aの流れですが、せっかくの機会だからということで社長から当社の事業内容の説明がありました。これはありがたかったです。主な内容は次の通りです。

事業内容

人口減少に伴う自動車台数の減少という環境下だが、

カーアフターの産業の変化として、車の進化と利用の多様化(シェアリングエコノミーなど)が進み、

  • センサー数の増加

による点検の数の増加や、

  • 法人(カーシェア会社)車両の増加
  • 稼働率の増加

による点検頻度の増加や消耗部品の交換の増加など、(自動車アフターマーケット事業者向けを中心としたITサービス事業を営んでいる当社にとって)ビジネスの機会は増加している。

このカーアフター産業における車両の管理や部品の管理などのデーターベースが当社のアドバンテージであり、他社の15年は先に行っている。

また、新公共交通システム(Mobility as a System)への展開として、Zenmov社との提携により、都市の渋滞解消の取り組みも進めている(フィリピンでの実証実験についてのビデオ放映あり)。

議案決議

議案説明

議案については、上に貼ってある議決権行使をよろしければご参照ください。

Q&A

数名からの質問に応じる形で質疑が行われました。以下、気になったもののメモです。聞き取りおよびメモの取り間違いはご容赦ください。(括弧)内は筆者の理解に基づく補足です。

質問者
質問者

社外取締役に期待している。6名中4名が社外取締役というのはいいし、女性が2名入っているのもいい。

選任のスタンスは。

企業回答
企業回答

新しいサービスや海外の交通システムのため、行政や業界とのネットワークを重視している。

質問者
質問者

取締役会の雰囲気は。

現任の社外取締役(他の3名は新任候補者)である鬼澤氏に伺いたい。

企業回答
企業回答

【鬼澤氏より回答】

(社外取締役は)いれば良いというものではない。決定のプロセスや議題の背景から実効性が高い取締役会と評価している。経営側の執行の会議にも参加している。

議案については事前に説明を受け、時間に制限なく議論をするため、マラソン取締役会になっている。

質問者
質問者

どのような危機管理を行っているか、事業のリスクは何か。

企業回答
企業回答

リスクコンプライアンス委員会において、リスクの洗い出し、対応検討、コスト試算を行っている。

質問者
質問者

コロナの影響は。

企業回答
企業回答

システム開発において、当初、中国での開発遅れが見込まれていたが取り戻し回復している。フィリピンからの帰国等の一時的な影響はあるが、現状において実質的な影響は軽微。

お客さまについて、心理的な買い控え等はあるが、車検など定量に需要があり稼働率は落ちていない。

質問者
質問者

第4四半期に減速がみられるが理由は。

業回答
業回答

パッケージで販売しているものとクラウド化によりネットでサービスを提供しているものがある。クラウド化により一括から毎月の収益へサブスク化を進めている。

第4四半期は大型案件のクラウド化の影響だが、当初の計画通りである。

採決

議案ごとに出席者の拍手によって形式的に採決が行われ可決されました。

11:40に閉会。続いて新経営陣の紹介がありました。

後記

社長の説明はたどたどしい面もありましたが、正直ベースで回答に努めていて好印象です。

取締役会について社外取締役の意見を求めても受けてもらえないケースをこれまで何度か見てきましたが、しっかり対応いただき、またその説明から取締役会が十分に機能していることが良く伝わってきました。

これまで株主として十数社の株主総会に参加してきましたが、一番収穫の大きいものでした。

アイキャッチの画像はSHINAGAWA GOOS脇の坂道の桜です。三分咲きでした。

(SHINAGAWA GOOS外観)

タイトルとURLをコピーしました