【株主総会出席】6571 キュービーネット 第6期:2020年6月期 [券売機のキャッシュレス化に併せ、株主優待の導入に期待]

6571 キュービーネット
スポンサーリンク

概要

キュービーネットホールディングス株式会社(ヘアカット専門店運営。低価格・短時間・高利便性・ヘアカットのみ・予約不要のヘアカット専門店「QBハウス」を全国展開。)

第6期:2020年6月期

定時株主総会:2020年9月25日 10時

インターネット議決権行使:可(三菱UFJ信託銀行)

議決権行使の方法:総会出席

議決権行使

議決権行使の内容は以下の通り。

会場

東京ウィメンズプラザホール (表参道駅徒歩7分)

1階/174席、2階/72席のホールの1階のみを、1席間隔で使用不可の札を張って使用していました。

出席株主は15名を超える程度。コンシューマービジネスはお客さま=株主で会場は混む傾向がありますが、招集通知に参加は控えてほしい旨の記載があったためか、非常に少なかった印象です。

一部役員はコロナ対策のためオンライン参加で、冒頭にスクリーンで顔出し(出席確認)がありました。

その他、新型コロナのため以下のような対応がとられていました。

  • アルコール除菌(入場時)
  • 検温(入場時)
  • 株主はマスク着用
  • スタッフはマスク着用
  • 役員はマウスシールド着用
(東京ウィメンズプラザ キュービーネット株主総会案内板)

株主総会

事業報告

報告の形式

社長による進行で、監査報告は招集通知のページをの案内のみで終了し、続く事業報告はりスライドとナレーションで行われました。

報告内容

大まかにいうと、減収1割、減益9割。(固定費が高いビジネスです。)

スライドの説明に続き社長から以下のように補足説明がありました。

  • 休業中も100%給与補償した。国からの補助金もあるが計上は期ずれで今期になる。
  • カットサイクルが伸びており、特に(自宅カットと思われる)子供が減っている。
  • 今期、売上はかなり以前の水準まで戻るが、利益は半分までの回復にとどまると見ている。
  • 国内:都心の店舗が弱い。回復には一年以上はかかると見ている。
  • 海外:国内と比較し回復早い。(除くアメリカだが4店舗のため影響は軽微。)

議案決議

議案説明

議案については、上に貼ってある議決権行使をよろしければご参照ください。

Q&A

数件の質疑が行われました。以下に概要を記していますが、聞き取りおよびメモの取り間違いはご容赦ください。(括弧)内は筆者の理解に基づく補足です。

質問者
質問者

(お客さまの)ニーズが土日に偏っている様に見える。柔軟な価格設定によって平日に誘導したらどうか。

企業回答
企業回答

今は午前中がピークタイムであり、パートの活用により対応している。以前はサラリーマンの仕事後のニーズが高かったが減っている。

現在の(現金の)券売機は手がかからず便利(=店舗運営が効率的)ではあるが、今後、キャッシュレス対応の券売機を導入したいと考えている。

(価格の柔軟な対応も含め)稼働の平準化対応も検討可能になる。

質問者
質問者

株主優待の導入は。

企業回答
企業回答

都市に集中して出店しているため、店舗の所在エリアが偏っている。(優待券は株主のメリットに差が出る懸念がある。)

現在の券売機の仕組みでは対応できず、(優待券の使用による)店舗運営の効率悪化は避けたい。

(キャッシュレス対応の)券売機の導入と併せ検討している。

質問者
質問者

コミットメントラインについて、何か銀行とのお約束などはあるのか。

企業回答
企業回答

新型コロナの影響が見定めるのは困難だったため、コミットメントラインは多めに設けている。金利は低いと考えている。銀行との間でバーター(お約束)などはない。

20億円のキャッシュがあれば事業運営できると考えており、超える部分は返済していく。

質問者
質問者

社外取締役メンバーへの期待は。

企業回答
企業回答

経営の健全性の観点から、社長を律せる人を求めている。

資質として、種々の事業を営み困難を乗り越えてきた経験や

コーポレートガバナンス視点を重視している。

採決

拍手により採決が行われ、議決権行使書、インターネット等も合わせ可決されました。

10:43に閉会。

その後、オンライン参加も含め役員全員の紹介が行われました。

後記

コンシューマービジネスであるにもかかわらずと言ってしまうと厳しいかもしれませんが、運営スタッフの統制はあまり取れておらず、また応対は硬かった印象です。

一方、役員は、議長である社長の誠実かつ余裕のある対応や話し方が好印象で、株主退席の際の見送りにも好感が持てました。

質疑の中で株主優待への期待に対し検討していると社長からありましたが、これが導入されると株主と企業の距離がぐっと縮まるのではないかと思います。

社長の口ぶりからは実現しそうな空気を感じました。但し、券売機のキャッシュレス化に併せてということで、実現するとしても少し先になりそうです。

(東京ウィメンズプラザ外観)
タイトルとURLをコピーしました