【株主総会出席】7539 アイナボホールディングス 第65期:2019年9月期 [ベトナムの人材の活用と現地の法人がうまく機能]

7539 アイナボ
スポンサーリンク

概要

株式会社アイナボホールディングス(アベルコを中核とする持株会社。タイル、空調など住宅設備機器の販売、工事で業界首位。)

第65期:2019年9月期

定時株主総会:2019年12月19日 10時

インターネット議決権行使:不可(三井住友信託銀行)

議決権行使の方法:総会出席

議決権行使

議決権行使の内容は以下の通り。

会場

北とぴあ 王子東武サロン(王子駅徒歩2分)

出席者は60名くらいでした。

株主総会

事業報告

報告の形式

招集通知をベースに、社長から説明がありました。

報告内容

概ね堅調ですが、特に大型物件事業のタイル工事、空調衛生設備工事の好調が目につきました。

物流倉庫の配置や配送網の見直しを対処すべき課題としています。

議案決議

議案説明

議案については、上に貼ってある議決権行使をよろしければご参照ください。

Q&A

数名から質疑が行われました。以下、気になったもののメモです。聞き取りおよびメモの取り間違いはご容赦ください。(括弧)内は筆者の理解に基づく補足です。

質問者
質問者

2020年9月期は増収・減益予想となっているが。

企業回答
企業回答

(対処すべき課題としている)物流のてこ入れ(費用)のため。

初年度(の立ち上げ)にかかるもので、後を引くものではない。

質問者
質問者

無報酬の取締役がいること、株式報酬制度の検討について。

また、社外取締役が5人中1人しかいないが。

企業回答
企業回答

グループ会社(インテルグロー)の社長としてそこから報酬を得ている。

株式報酬制度については検討したが、税法上のメリットデメリットも考慮し、実施しないこととした。中計の業績に連動した報酬は現金で実施している。

コーポレートガバナンスに関しては機能していると考えている。

質問者
質問者

ベトナムからの人材とベトナム現地の法人について。

企業回答
企業回答

ベトナム人は現場作業員として27名(帰国含め累計35名)が働いている。リテンション率は高い。国内の人材がいないからで、(福利含め)コストが安いわけではない。

ベトナムの法人(アルコベトナム)は100%子会社で、(現地のベトナムではなく)日本国内のサポート業務を行っている。施工図作成、清算、業務処理など。毎期黒字である。

また、現地で日本へ派遣する作業員のための研修も行っている(日本に来て早く戦力とするため)。

採決

議案ごとに出席者の拍手によって形式的に採決が行われ可決されました。

10:46に閉会。続いて新任取締役の紹介がありました。

後記

企業側は受付を除き役員や従業員と思われる会場スタッフに女性は一人もおらず、全体的に硬い雰囲気でした。

企業の説明からベトナムの人材の活用と現地の法人がうまく機能しているように思います。

会場の北とぴあは北区の施設で、比較的リーズナブルではないかと思います。アイキャッチの画像は会場フロアからの眺めです。

お土産にクオカードをいただきました。

タイトルとURLをコピーしました