【株主総会出席】7628 オーハシテクニカ 第67期:2019年3月期 [お土産は帝国ホテルのフィナンシェでした]

7628 オーハシテクニカ
スポンサーリンク

概要

株式会社オーハシテクニカ(独立系自動車部品メーカー)

第67期:2019年3月期

定時株主総会:2019年6月25日 10時

議決権行使の方法:総会出席

議決権行使

議決権行使の内容は以下の通り。

会場

時事通信ホール(東銀座駅徒歩1分)

席の数は200くらい、出席者は100名ほどでした。

株主総会

事業報告

報告の形式

説明は、資料の投影∔ナレーションで行われました。

報告内容

内容の詳細については企業の開示資料に譲りますが、メモとして

+売上は増加しているが、原材料高により営業利益は減少している

+地域セグメントで見ると、米・欧が減少、日・アセアンは増加

+設備投資は6億円で、金型、機械設備、建物改修など、自己資金を充当

対応すべき課題

経営理念である「新たな価値を創造し、世界のお客様に信頼される会社を実現する」ことを課題として挙げていました。

また、コーポレートガバナンスコードの内容を注視し、経営の透明性を高め、情報開示を行っていくと話がありました。(議決権行使の中でも、コーポレートガバナナンスへの意識が感じられました。)

その他

せっかくの機会なのでということなのかと思いますが、グループの紹介として、

+株式会社ナカヒョウ(33.9%保有)

+株式会社テーケー(20.0%保有)

の会社説明がありました。

ここまで通しでナレーションの説明で約20分でした。

議案決議

議案説明

内容の詳細については企業の開示資料に譲ります。

Q&A

2名から質疑が行われました。以下、気になったもののメモです。聞き取りおよびメモの取り間違いはご容赦ください。

質問者
質問者

原材料高に対して(事業の)リスクはあるか。

企業回答
企業回答

ある。鉄系の材料が中心なので影響を受ける。

効率化を進めることと、必要に応じて値上げも実施する。

 質問者
質問者

自動車業界についてEV等の構造変革の影響はあるか。

企業回答
企業回答

チャンスと認識している。

ガソリンエンジンからモーターに置き換わるが、その部品の加工技術の開発により拡大できると考えている。

採決

議案ごとに出席者の拍手によって採決が行われ可決されました。

その他

最後に、新体制の紹介が行われました。

10:48に終了。

お土産

終了後に出席票と引き換えにお土産をいただきました。

帝国ホテルのフィナンシェ(8個入り)でした。

時事通信ホールエントランス前にて。

タイトルとURLをコピーしました