【株主総会出席】8897 タカラレーベン 第48期:2020年3月期 [新型コロナ禍での株主総会運営方法の模索している企業の一つのモデル]

8897 タカラレーベン
スポンサーリンク

概要

株式会社タカラレーベン(マンション開発会社。東武東上線沿線の東京都城北部と埼玉県南部を地盤に、東北・北陸・近畿エリアで分譲マンション「レーベン」・コンパクトマンション「ネベル」シリーズの企画・販売。)

第48期:2020年3月期

定時株主総会:2020年6月29日 10時

インターネット議決権行使:可(三井住友信託銀行)

議決権行使の方法:総会出席

議決権行使

議決権行使の内容は以下の通り。

会場

東京日本橋タワー5階 ベルサール東京日本橋 (日本橋駅直結)

2m間隔で約120席配置されていました。出席者は30名程度で、年齢層も比較的若めで女性の株主の姿もちらほら見かけられました。

その他、新型コロナのため以下のような対応がとられていました。

  • アルコール除菌(入場時)
  • 検温(入場時)
  • 株主はマスク着用
  • スタッフはマスク、ゴーグル、フェイスガード、白手袋着用
(ベルサール東京日本橋 タカラレーベン株主総会案内板)

株主総会

事業報告

報告の形式

監査報告は書面にて省略とし、事業報告は数枚のスライドと口頭で簡潔に行われました。

報告内容

京都のホテルの30億円規模の減損を除けば、利益は計画を上回りました。今期の予想は見込めていません。

議案決議

議案説明

議案については、上に貼ってある議決権行使をよろしければご参照ください。

Q&A

2件の質疑が行われました。以下に概要を記していますが、聞き取りおよびメモの取り間違いはご容赦ください。(括弧)内は筆者の理解に基づく補足です。

質問者
質問者

足元の3~6月のコロナ禍における影響は。

企業回答
企業回答

販売に影響は出てきている。

当期の進捗は(計画の)40%強で未達である。モデルルームの閉鎖など(営業自粛)の影響が出ているが、6月以降は徐々に回復している。

質問者
質問者

売上は過去最高と増加しているが、純利益が減っているのは。

企業回答
企業回答

マンション販売以外の、太陽光発電所の開発や収益不動産のリートへの売却などにより売り上げは増加した。

一方、利益の減少については、事業報告にもあったが京都のホテルの30億円規模の減損が主な要因である。

採決

時間短縮のためすべての議案を一括で採決が行われ可決されました。

10:18に閉会。

後記

会場も広く株主同士の間隔も空いていて、また、スタッフはマスクはもちろんゴーグルとフェイスガードを着用していて、出席した株主総会の中では一番堅い対応でした。スタッフ間も意識して距離を取っていて、全体として安心感がありました。

新型コロナ禍での株主総会運営方法を模索している企業もあると思いますが、一つのモデルになると考えます。

タイトルとURLをコピーしました